2016年04月12日

アマテラスとアメノウズメの関係

3rdアルバムについていよいよ模索しつつ

アルバムタイトルを決めた。

アマテラス
  アメノウズメ


CDジャケットimage10.jpg



そして一般的に紹介されている

神話の背景とは別に

アマテラスとアメノウズメの

関係性を説いてみたいと思った。

あくまでもこれは小田エリス目線で、、、



ざっくり言うと、

アマテラスは太陽の神様で

暴れ神の弟スサノオに困り果て

天の岩戸に隠れてしまう。



世間が真っ暗になり困り果てた神々は

あの手この手でアマテラスを岩戸から

出そうとするが、その中の一人

アメノウズメが岩戸の前で胸も露わに

踊り出した。



何事かと思い、外の様子を覗くアマテラス。

その少し開いた岩戸を掴み飛ばしたアメノタヂカラオ

太陽が戻り、めでたしめでたし。。。



また、ニニギノミコトの天孫降臨の際に、

その土地で待ち構える大男サルタヒコに

話しをつけるため、怖がる他の神様と違い、

勇敢に立ち向かったのがアメノウズメとも

いわれている。



アマテラス、アメノウズメの心情や

女同士の友情にも似た二人の関係性。



太陽の神という割り当てられた責務。

しかし、その実際の思いや心情。



また表の顔である威厳を出しながら

あ・うんの呼吸を求めるさま。



そんなアマテラスに対して

脳天気なアメノウズメの

本能丸出しの祈りにも似た踊り。



自由奔放なアメノウズメに対して

少し羨ましくもあるアマテラス。。。



力強く生きるための性エネルギーを

ふんだんに振り撒きそれが魅力となる

芸能の神様アメノウズメ。。。



アマテラス
  アメノウズメ



いつしかお互い

なくてはならない存在になる。



壮大な神様ストーリー

いや、私の勝手な思い込みストーリー(^_^;)



アマテラスさん

アメノウズメさん



怒らないでね(^_^;)





posted by 小田エリス at 14:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | CD制作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月01日

そろそろ3rdアルバム?

2013年に1stアルバム「My Voice」リリース

2014年に2ndアルバム「神々のしらべ」リリース

2015年は各地でのLive活動が多くなり

思いつくままのシングル曲をご披露しながら

今年はそろそろ3rdアルバムをカタチにしようと

イメージを固め少しずつ準備を始めています。



「今、自分が一番表現したいこと」

昨年ぐらいから自分の周りで起こり始めている現象。

それが、周波数という特徴のある音楽ゆえのことなのか

それとも、それが自分の役割なのか、、、



戸惑いもありつつ、しっかりとそれを受け入れることで

更に自分の役割が加速するようにも感じている。



さあ、そろそろそれをカタチにしてもいいのだろう。

待つべき人?待つべき魂、、、

それが恐らく周波数音楽の宿命なのかもしれない。



ここまでの私の人生。

ここにつながるための人生。

実に面白い!

そのうち、それらをぜひ文章に文字に綴っていきたい。



さて、3rdアルバムの構想はこうだ。



CDジャケットimage10.jpg


なぜか、昨年の活動の中で私自身が

アメノウズメというイメージを頂き

2ndアルバム「神々のしらべ」6曲目の

「アメノウズメ」を演奏中の私の姿が

まさに岩戸に閉じこもったアマテラスの

気を引くために踊る姿なのだと、、、

そう、お客さまからもお声を頂きました。



最近では、なり切って演奏するのですが、、、(^_^;)

今、私はここなのかなっていうイメージです。



・天  963 B
・龍  852 A
・風  396 G
・愛  174 F
・火  639 E
・水  285 D
・地  528 C

曲のイメージはこんな感じです。

チャクラのてっぺんから降りてくる感じ、、、



今年の夏ぐらいにリリース目標です!

また、進捗状況などお知らせいたしますね!



あ、実は今、頭にひとつイメージがあって

2曲目「龍」 852 A

これをロックテイストにできないか?

そんなこんなの状況です。。。





posted by 小田エリス at 11:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | CD制作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月26日

各チャクラ専用CD!?

今後の曲創りのカタチとして

アイデアの覚書きです。



周波数音楽はチャクラに対応した

音楽として現在2枚のアルバムを

リリースしています。



1stアルバム「My Voice」

ジャケットp1表紙.jpg

1曲目から7曲目までがチャクラに

従順に対応しています。





2ndアルバム「神々のしらべ」

CDジャケットイメージ10.jpg

チャクラ対応であるが順不同。

第3チャクラ(639Hz)の代わりに64Hz(治療用)を採用。

倍音と考えた場合f分の1を含め第3チャクラ対応と案内。



第1チャクラ【強くたくましい自分】
第2チャクラ【新しいことを生み出す自分】  
第3チャクラ【自信に満ちた自分】
第4チャクラ【人を愛する自分】
第5チャクラ【コミュニケーション上手な自分】
第6チャクラ【すべてを知っている自分】
第7チャクラ【生まれ変わった自分】



上記のそれぞれ『なりたい自分』をイメージした

各5曲入りぐらいの第1〜第7のチャクラのアルバムが

あったらいいなあって思ったのです!!!



最近、チャクラ診断を何件かさせて頂き

「My Voice」が聴く人によって変化する!?

何番目の曲が好き?嫌い?により

現状の心と身体の状態がある程度わかり、

今あなたに必要な周波数はなに!?って

いうことで案内をさせて頂いています。



もちろんチャクラのエネルギーは第1〜第7の

全体を通すことに意味があるのだけれど

チャクラの周波数にリンクした「My Voice」の

好き嫌いにより、まずは現状を知って頂き、

次のステップに入る準備、そして学び、変化へと

つながるような流れとして、わかりやすく

お伝えすることができるんじゃないかと

いうことで、アイデアのひとつとして

現在検討中であります。



もし各5曲入りとする場合、5曲×7枚で

35曲を準備するとなると、相当な時間を要し

コンセプトや各チャクラの意味合いなど

しっかりとお伝えできる内容のものを

創りたいと思うので、ちょっと長いスパンで

考えていきたいと思います(^_^;)



そうすると、普段の曲創りがある程度

目標をもって創れるので、的をしぼりやすく

創作の曲数は大変だけど目標が明確なので

わりとイメージしやすいかなって思います。



このアイデアもチャクラ診断で頂いた

お客さまからのメッセージがヒントとなり

『自分にとって今必要な周波数』専用の

CDがあったらいいよね〜!って思いました!



とにかく頭の中の柱が1本定まったので

よしっ!としよう!!!



なんか今後の曲創りが楽しみになってきた!

また、決まり次第ご報告させて頂きますね^^



皆さまからのお声が色々なアイデアや

私の創作のヒントにつながります!!!



言葉って面白いですね!

ピピピって閃くんです!

どうぞまた色々教えてください!



2015年の皆さまとのご縁に心より感謝申し上げます。

そして、2016年もどうぞよろしくお願いいたします



周波数音楽家 小田エリス





posted by 小田エリス at 05:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | CD制作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月12日

元素の音

どんな元素にも固有の音を持っている。

この言葉にすごく興味をそそられます。



実は、3年前ぐらいに買ったこの本を

今改めてパラパラとめくっているのですが、、、



IMG_9171.JPG




小田エリスの音楽の創作方法というのは

ソルフェジオ周波数、もしくは医療用の周波数に

チャクラを融合させて心身ともの癒しと活性化を

目指すものでありますが、、、



この本にあったワード「元素の音」にかなり

惹かれてしまい、現状の創作方法にプラスして

オリジナル感満載の作品にできたらいいなあ

って色々模索中でございます。



その内容をメモ代わりに、ここに記します。



【地の音】そのピッチは浅く形は三日月のようで色は黄色

 ・体内にスリルと活気と動きを生じさせる。
 ・太鼓やシンバル、金属弦(スチール,ナイロン)腸弦(ガット)など


【水の音】深くその形は蛇のようで色は緑、海鳴り

 ・流水、山のせせらぎ、シトシトパラパラ雨の音、
  水差しからつぼへ、管からおけへ、ピンからコップへと
  流れる水の音、どれにもなめらかで生き生きとした効果。
 ・想像、空想、夢、愛情、感動などを生じさせる傾向。


【火の音】ピッチが高く形は渦巻き状で赤

 ・落雷や火山の爆発、火の燃え立つ音


【空気の音】ゆらめきジグザグ状で色は青。

 ・その声は嵐のさいや風が吹くときに、朝の微風の
  囁きの中で聴こえる。さっと現れ、さっと広がり、
  突き抜けていくというもの
 ・横笛 


【エーテルの音】すべての色や形が含まれる。

 ・あらゆる音の基礎、絶えず流れつづける低い音。
 ・この音は人体を通して聴こえる。
 ・物質的属性から体を浄化するにつれ現れる。
 ・体内の流れがよくなり、すべての管状器官や
  血管がすっきりしたときです。
 ・恍惚、閃き、安らぎ、勇気、歓喜、喜び、
  啓示などはいずれもこの音の効果



・【地】+【水】=やさしさと繊細
・【地】+【火】=荒々しさを生む
・【地】+【空気】=力強さと勢い

・【水】+【火】=生き生きと活発にする効果

・【火】+【空気】=脅かし怖がらせる効果

・【エーテル】+【水】=感情を静め慰める効果
・【エーテル】+【火】=破壊し解放する効果
・【エーテル】+【空気】=安らぎと平安



どうですか?めっちゃゾクゾクワクワクしませんか?

これを現状の創作方法にプラスしたら

何か面白いことになりそうな、、、



そんな予感がしています(^_^;)









posted by 小田エリス at 10:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | CD制作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月27日

ソルフェジオとチャクラの基本形

周波数音楽家小田エリス、現在までリリースの

アルバムは「My Voice」と「神々のしらべ」です。

簡単ですが、自分が創った思いなども含めて

二つの違いをこちらで書いていこうと思います。



最初に申し上げますが、私は周波数音楽家です。

心理学や精神心理学などの資格は何一つありません。

ヤマハのエレクトーン講師の資格のみです。



ただ思いはひとつでした。

「私の人生このままでは終わらせない」



波乱万丈人生から縁を切りたかった。

何をやっても堂々巡りの人生が嫌だった。

自分に自信がもてるようになりたかった。



そして、自分の存在を認めてほしいって

思った時に、やはり音楽で自分を表現する

ことが一番、自分らしいと思ったのでした。



そんな私が創った最初の作品

「My Voice」

「自分の声」なんです。



自分が我慢すればいいと思う人生は

もう止めようと思った時、このタイトルが

自然に頭に出てきました。



ソルフェジオ周波数を知り、深く入るうちに

チャクラの必要性を感じ本を読み進める中で

書いている内容がまるで自分に言われている

そんな感じがして、何故だか涙が溢れました。



今思えば「My Voice」はほとんど同時進行で

第1から第7のチャクラの意味を理解しながら

ひとつずつイメージを固め曲にしたと思います。



私が読んだチャクラの本でその言葉が自分に

言われていると感じ涙が溢れたと言いましたが

私の場合は、第3、4、5チャクラのところを読み

涙が溢れました。そして、まさしくその部分の

チャクラが閉じているということだったのです。



閉じたチャクラの部分により、それが何歳の時で

何故閉じてしまったのかが思い起こされます。



これは、自分では気付かぬうちにその出来事を

忘れたいという思いから、無意識にフタを閉じた

状態なのだと思います。



私の場合、第3、4、5チャクラのところを読むと

涙が溢れました。以下をご参照ください。



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

第1チャクラ 受胎から3〜5歳 (赤/尾骨周辺528Hz)

第2チャクラ 3〜5歳から8歳まで (橙/丹田周辺285Hz)

第3チャクラ 8歳〜12歳 (黄/みぞおち周辺639Hz)

第4チャクラ 12歳から15,16歳 (緑/胸の周辺174Hz)

第5チャクラ 15,16歳から20,21歳 (青/喉の周辺396Hz)

第6チャクラ 21歳から26歳 (紫/眉間の周辺852Hz)

第7チャクラ ここは霊性の部分として解放とともに悟りに近づく
 
         (白/頭のてっぺん963Hz)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



これは、「トラウマって、、、」で以前に

投稿した記事ですが、よかったら読んでみて下さい

→ http://oda-erisu.seesaa.net/category/14954372-1.html



何故、第3、4、5のチャクラの時に涙が出るのかな

って思い、その部分の年齢を見て納得をしました。



まさしく、私が忘れたいと思っている出来事が

9歳 (第3チャクラ)
15歳(第4チャクラ)
20歳(第5チャクラ)  なのです。



その理由は伏せたいと思いますが、、、

自分の中では正直愕然としました。



同じ位置でぐるぐるとしている人生で

自分が我慢すればいいと思い、そんな

自分が好きになれなくて、、、



これって、まさしく第3、4、5のチャクラが

ドン詰まり状態で、今の私はそれが理解できますが

当時の私は、ただ自分の人生を嘆くだけで

どうしたらいいのかもわかりませんでした。



「My Voice」を聴くと涙が出ると言われます。

何番目のどの曲の時に涙が出ますか?



その部分に、もしかしたらアナタの

トラウマが潜んでるかもしれません。



その部分を解放することで、すべてが

いい方向に動けばいいなって思います。



少なくとも現在の私はドン詰まり状態から

解放されて、いい方向に動き始めました。



1stアルバム「My Voice」はソルフェジオと

チャクラの基本形として最初に創った作品です。

アナタのお役に立てることを願い、1曲ずつの

意味合いを綴っていきたいと思います。





ジャケットp1表紙.jpg





posted by 小田エリス at 18:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | CD制作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする