2016年12月18日

音楽堂サカエチカ店にて

この度、名古屋の音楽堂サカエチカ店さんにて

アルバム2枚を置いて頂けることになりました!



1stアルバム 「My Voice」

ジャケットp1表紙.jpg



2ndアルバム 「神々のしらべ」

image3-1.jpg



癒し効果のある周波数528Hzとは、

自律神経を整えるともいわれる

今話題の周波数なんですが、、、



周波数音楽家小田エリスの音楽には、

528Hzを始め、体のエネルギーセンター

ともいわれる7つの気の出入り口

(チャクラという言い方をします)に、

ピンポイントに響く音楽を創っています。



528、285、639、174、396、852、963ヘルツ



それぞれ、どの周波数の音楽に反応するかで

心身の状態がある程度わかるというのも

このアルバムの特徴です。



また、セラピストさんや整体師さんなど施術を

される方や、多くの人と関わるご職業の皆さまに

ご愛用頂くようにもなりました。



恐らく、人の悩みなどマイナスエネルギーを

多く受けることもあるのでしょうか、、、

そういったお話しも実際のセラピストさんから

伺っております。



最近、どうやったら周波数音楽が聴けるの?

とのお問合せを多く頂くようになりました。



以下にお知らせさせて頂きます。



@ ≪ネット販売≫ 

アマゾンにて  http://amzn.to/2aeA6lv

A ≪ショップ≫

名古屋 栄 『音楽堂』HP http://k-ongakudo.jp/sakaechika.html
 


またYouTubeにてご視聴も可能です。



1stアルバム 「My Voice」





2ndアルバム「神々のしらべ」





先日のライブでは「My Voice」全7曲を演奏いたしました。

お客さまの中で4曲目と5曲目に違和感があったと言われました。



4曲目は174ヘルツが響く「碧い鳥〜ハートメモリー〜」

5曲目は396ヘルツが響く「my voice〜宇宙sora〜」



それぞれの周波数はチャクラにリンクしており

どの周波数の音に反応があるかでその人の年齢退行にまで

関わる人生の出来事につながるということがわかります。



こちらは、周波数音楽のチラシです。



周波数音楽チラシ1.jpg



左下にありますチャクラと周波数の関連で

年代の表示があるのですが、、、



その年代に何か辛く悲しいことがあったとき

その感情を固めて心の奥の方に閉じ込めてしまった。

その状態をトラウマともいいますが、、、



それをお伝えさせて頂きましたら

第4チャクラの174ヘルツは12歳〜15,6歳

第5チャクラの396ヘルツは15,6歳〜20,21歳



それがピッタリと当てはまったようで

とても納得されていました。



逆に言うと、心、体はとても正直なんですね。



皆さまは、上の↑YouTubeのPVを聴いて

何か気になる曲はありましたか?



ぜひご活用くださいませ。







嬉しがってTwitterのヘッダーも変更完了です(笑)



image1.png









posted by 小田エリス at 14:47 | Comment(3) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今、ユーチューブ観ています。
目がでっかいですね。
色白美人
声も美人

そうです。ケイレンと読みます。

Posted by 蓮の花 at 2017年01月02日 02:50
エリスさん、ユーチューブ観終わってないためまだコメントできないです。
うちは、今日の一日中インターネット工事があって、Wi-FiがOn and Offで観られなかったです。観終わったら感想残します。最終版になるとのこと、ショックでした。
Posted by 蓮の花 at 2017年01月02日 15:03

蓮の花さま、、、

コメントありがとうございます。
とても嬉しいです。

4年6か月のYouTube放送を通して
人と人がつながるたくさんの
ご縁がありました。

インターネットという特別な
世界の中で、今度はまた別の角度からの
自分発信ができたらと思っています。

その中で蓮の花さまとの出会いは
私にとってとても刺激がいっぱいで
これからとても楽しみです。

Posted by 小田エリス at 2017年01月03日 20:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/444995522

この記事へのトラックバック