2016年12月16日

周波数による引き寄せ!?

周波数音楽というのは、ある特定の周波数が

響くように調律を変え、微調整を重ねながら

音楽にしています。



チャクラに共鳴するその特定の周波数とは

第1チャクラ 528Hz

第2チャクラ 285Hz

第3チャクラ 639Hz

第4チャクラ 174Hz

第5チャクラ 396Hz

第6チャクラ 852Hz

第7チャクラ 963Hz



音楽なので倍音も含め、上記の周波数で

音楽を創作、エレクトーンでの演奏になります。



一般的なチャクラと周波数の関係については、

若干の違いがあるかもしれませんが、私は、

「ジョン・レノンを殺した凶気の調律A=440Hz」



476502_339912926076676_2473773_o.jpg



この本の中で紹介のある、音楽療法の先駆者、

マイケルウォルトン氏推奨、チャクラと周波数の

関係を採用しております。



逆に言えば、この本との出会いがなければ

今の周波数音楽家としての活動はなかったと

言ってもいいぐらい、私の音楽家人生を

180度変えた1冊の本との出会いになります。



さて、本日のお題「周波数による引き寄せ!?」

周波数音楽家として活動を始め約4年ぐらい、

実際のLive活動は3年になりますが、現在に至り

様々な不思議現象を感じております。



それが周波数という目に見えないエネルギーとして

空気中に放たれ、モノやヒトやまたは出来事につながり、

それを一番わかりやすく納得できるのが「ご縁」という

言葉なのでしょうか。。。



しかし、このご縁というのも、現在の自分における

エネルギーの状態により、変化を生じるものと

自分なりに解釈しております。



先日、ネットを通じて不思議な出会いがありました。

いや、私的には直感でつながりたいと感じたのです。



この直感というのが最近とても私が重視している

自分の内側の自分とのアクセスというのか、、、

何か、大きな存在とのつながりからの交信というのか、、、



ただ、その方のブログのある言葉に

私の直感が響いたのです。



それが「坐禅」でした。



「坐禅」というと京都の妙心寺、如是院さまの

ご厚意により、昨年と今年、開催させて頂きました。

奉納ライブという流れ、、、



2015年7月 「般若心経と周波数音楽」

2016年7月 「禅と周波数音楽」



私がなぜ直感でつながりたいと思ったのか、、、

アメリカ在住のその方は「坐禅」をアメリカで

広めたいと語っておられます。



京都の妙心寺、如是院のご住職は

外国でもご活躍でいらっしゃいます。



「般若心経と坐禅と周波数音楽」

何かテーマが見えるようです。



不思議だなあ〜 いったい何のお導きなのか

このエネルギーの流れはどこに向かっているのか



今、私が感じているのは、同じ波動の流れ、、、

それこそが、周波数による引き寄せ



アメリカ在住のその方はYouTubeで

周波数音楽を聴いて頂いたようで

「心がなんとなく軽くなったと、、、」

ご感想を頂きました。



また、「料理のおかずが増えて

美味しく食べることができた。」とも、、、



周波数音楽は心身にピンポイントに周波数が

響くため、ハートチャクラの174Hzが共鳴すると

心が軽やかになり、第3チャクラの639Hzが消化器官に

作用することで、食事も美味しく食べることが

できるのかなあって思いました。



また、それが周波数音楽の役目なんです。

心・体・魂が癒され、本来の自分であることが

真の健康にもつながると感じております。



目には見えないエネルギーの流れ、もしかすると、

別の次元からのつながりかもしれません。。。



国境を越え、宇宙を越え、時空をも越えた、

たったひとつの魂との大切な出会いにより

人生が大きく変わることもあるんですね。



まさに、周波数音楽家、小田エリスは

このブログのヘッダーに書いていますが

チャクラにリンクした周波数入り音楽で

人生の流れが大きく変わりました!!!



現在に至り様々な不思議現象というのは

「いいことを引き寄せる」!?

それが周波数音楽による周波数の響きにより

起こる現象なのかはわかりませんが、、、



恐らく、心・体・魂が癒されることによって

プラスの意識が働くというか、癒しの作用により

感謝の気持ちに変わり、結果、すべてのことが

いいことを引き寄せているように

感じるということなのでしょうか。。。



周波数による引き寄せ!?

ご縁を頂く皆さまには本当に

心より感謝申し上げます。



image2.jpg








posted by 小田エリス at 23:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック