2015年02月04日

2015/1/31〜2/1臨床スタート

まずは、この二つの曲を聴き比べてみて下さい。

@dream



Adream





この曲は、今年最初に創った曲です。

お気づきの通り「ド〜」の音をより多く

響かせて作っています。



調律 A=444の時にドの5音(高い方のド)に

ソルフェジオ周波数528Hzが流れています。

(平均律の場合)



上の楽曲のどちらかが A=444で「ド〜」に

528Hzが流れるように調律しています。

そして、どちらかが A=440ということです。



何か感じることはありますか?

それが、いわゆる体感になります。



ソルフェジオ周波数528Hzには傷ついたDNAを

修復する作用があると言われており、ライブや

CDを聴いて頂いた皆様から、色々なご体感を

お聴きするようになりました。



「眠くなる」「頭がスッキリする」など、、、

しかし、実際に傷ついたDNAが修復することなど

視覚的な確認などしようがありません。



そして、周波数音楽が人体に及ぼす影響を

何か数値的なもので確認ができたら、まさしく

未来の医療として実証につながるものであると

心に強く強く願うものであります!!!



周波数音楽の活動をスタートさせてから

今年で3年目に入りました。次のステップに

踏み込むべく先週末、長野県小布施町の

「栗が丘クリニック」さまのご厚意により

周波数音楽の臨床実験が行われました。



血液検査、唾液検査、サーモグラフィーにより

周波数音楽を聴く前と聴いた後の数値の違いを

調べるというものです。



今回は、臨床にご協力頂ける被験者さまの

急遽の募集にもかかわらず10名の皆さまに

お集まり頂き、本当に心より感謝申し上げます。



まず、ゆったりと椅子に座り休んで頂き、

周波数音楽の生演奏を聴いて頂きました。



周波数音楽の生演奏は次の3曲です。

@わたしをゆるすこと
Adream
Bスーパームーン2014(2ndアルバム「神々のしらべ」より)



臨床後、被験者さまより色々お話しを

お伺いさせて頂きましたが、一番多かったのは

体内の浄化作用なのでしょうか、お手洗いに

行きたくなると言われる方が多かったです。



ウエスト回りがスッキリしたという方がおられ

数分の演奏でしたが、その効果なのでしょうか

ちょっとビックリしました!



また家に帰られてからも「無性に眠い」

臨床後「身体がずっと温かい」などなどの

お声を聴かせて頂きました。



今回の臨床実験は、本当にまだまだ入口に

立ったばかりで、ハッキリとした数値を

この段階でお伝えすることは難しいのですが

私としましては、被験者さまのお声により

周波数音楽の実証を確信するものがあります。



また、臨床方法なども今後色んな角度から

行うことになると思います。



まずは、今回臨床の1日目として、血液検査、

唾液検査、サーモグラフィー、そして2日目は

それにプラスして、波動療法などで使われる

ニュースキャンでのデータ収集が行われました。



そこでは、染色体の回復が見られる傾向など

傷ついたDNA修復の信用性を見た感じがしましたが

この段階でそれを決定づけるのは、あまりにも

確実性が低いということです。



慌てず、これから恐らく長い道のりをかけて、

確かな臨床の数値を上げていきたいと思った

次第であり、周波数音楽が、実際の数値により

実証ができるようになると、本当に心からそう

願ってやみません。



9009_840697165990844_3908333059345361032_n.jpg




10959495_840331929360701_422672268732417817_n.jpg








posted by 小田エリス at 18:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 臨床体感報告(チャクラ診断含む) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/413496148

この記事へのトラックバック