2015年10月11日

これが現実なのか!?

な、な、なんていうことなんだ!!!

これが現実なのか!!!???

「実は、東京は危ないということは報道できない」と、子供の健康問題を全面カットした報道ステーション

朝からフェイスブックのニュースフィードで目にした記事だ!

福島・関東で、放射能による子どもの健康被害が、増え続けている。



そう言えば、2013年に私の1stアルバム「My Voice」が

リリースされたときにメールを頂いたお母さま、、、

傷ついたDNAを修復されるという528Hzの音楽について

小さなお子様のための放射能対策になるのなら欲しいと、、、



↓2014年1月5日に投稿した記事参照↓

「My Voice」ご意見ご感想



周波数音楽は可能性を秘めた自己治癒力向上の

アイテムだと感じています。ただ、現段階でそれが

100パーセントとは言い切れません。



2015年1月からスタートした臨床実験は

クリニックの応援も賜り本格的に始まりました。

血液検査、唾液検査、サーモグラフィ、そして、

染色体などの変化を調べるニュースキャン。



その中で、ニュースキャンによる傷ついたDNA修復の

回復傾向が見られるお二人の被験者さまのデーターが

入手できましたが、まだまだ臨床は始まったばかりです。



↓2015年02月04日に投稿した記事参照↓

2015/1/31〜2/1臨床スタート





朝から、この記事を見て本当に愕然としました。

「実は、東京は危ないということは報道できない」と、子供の健康問題を全面カットした報道ステーション

私の住む街、兵庫県三田市での日常からは

とても想像がつかない記事でした。



東京からこの街に移り住んだというお話しも聴きます。

子どもを守るために親の役目はとても大事ですね。



周波数音楽がお役にたてるように

私は私の役目を改めて実感しています。



近未来医療における音楽の祭典

というのが、長野県小布施町で開催されます。

周波数音楽の臨床に多大なるご協力を頂いている

小布施町の栗が丘クリニックさんの主催です。



単に音楽のイベントではありません。

とても大切なメッセージが溢れていると思います。



12021750_859562117445749_1065889199_n.jpg  12030841_860079980727296_17996206_n.jpg



【近未来医療における音楽の祭典】詳細ページ



何事にも選択は自由です。

しかし、賢明に生きましょう。

あなたのために、お子さんのために!






posted by 小田エリス at 13:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ・イベント日記(告知含む) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月10日

言葉の補足

物事に一生懸命で自分の好奇心や興味心を

とにかく納得させるためにガンガン言ってくる人。

あなたの周りにもいませんか?



恐らく、自分の頭の中には壮大なテーマがあって

自分はそこに向かって一生懸命に話してくる。



でも相手はその人の頭の中まで見えないので、

状況としてガンガン言ってくる言葉だけが

その判断材料になるわけなんです。



私はまずその人の話しを聴くようにしています。

相手が自分の頭の中のイメージに向かって

ガンガン言ってくるとき、、、



言葉だけの判断材料に合わせて、これまでの

自分の経験やその人との付き合いの長さや

その時の状況判断で、その話の意図するところを

私の中でイメージして膨らませます。



しかし、自分の経験の浅さやその人との付き合いが

それほどまでに長くない場合はそのガンガンに対して

まずはその状況に対して頭の中で必死で策を講じて

予防線を張ろうとするかもしれません。



正直、文字や言葉は使い方を間違えれば

武器にもなりかねませんよね。



そんなつもりはない。っていうのは自分の中の

許容範囲の話しなんだと思います。



たぶん「言い方〜〜!!!」なんですよ。



言葉はコミュニケーションや人間関係を

良くも悪くもするツールなのかもしれません。



状況という話では、ここまで書いているのは

全て人間としてこの世に生を受けて今を生きる

日常ということなのですが、、、



実は、私たちの人間という身体を使って

この日常を超えるもっと奥の世界には

魂という存在があるのだと思います。



話しがいきなりスピリチュアル化?

してきていますが、、、



でも、言葉というのは魂にとっても

とても重要なキーワードなんです。



魂が輪廻を繰り返す中で、今私たちの身体を使い

見た目には日々24時間、日常の生活をしています。



その中で魂には役目があって、その命尽きるまで

学ぶべきことや教えるという作業があるのです。



魂はその修行を繰り返し、輪廻を繰り返し

レベルアップしているのかもしれません。



なので、見た目おじいちゃんでも生まれたての魂。

見た目赤ちゃんだけどベテランの魂とか、、、



そうそう、言葉というキーワードなんですが、、、

あなたが学ぶべきことや教えるということ。

それは日常のあなたというよりも魂がそれを

求め望んでいることなんです。



ガンガン言ってくる人に対しても

そう思うようにしましょう(笑)

ついついガンガン言ってしまう人も

何か言葉の補足をすればいいですね。



魂といえども、日常の自分は魂がどうとか

知ったこっちゃない話しなので、、、(笑)



あ〜 魂の修行中やからゴメンね〜

ってただの変な人になってしまいますから、、、



でも、ガンガン言うのはあなたの中のもっと奥の

話しを知りたがっているのだと思うのです。



それが魂に課せられた作業なので、、、



でも、その前に人間である現世の私たちは

やはり言葉をコミュニケーションツールとして

上手く使った方が賢明なのだと思います。



言葉の補足。大事ですね^^

ひとことでいいと思います。



あ〜 わたしガンガン言ってゴメンね。

でもあなたの話しにすごく興味があるの



そしたらきっとあなたの中の魂が

その役目に奮起するでしょう。



もしかすると、それが人間関係の根本で

コミュニケーションの真髄かもしれませんね。





P6274973 -1-1.jpg







posted by 小田エリス at 10:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月09日

細胞の刺激

考えてても始まらない。

あ、違うな、、、

考えることは必要だ!

でも考えがまとまったら行動だ!

世界は広い。

自分の考えだけでは世界が狭すぎる。

まだまだ知らないことだらけだ。

経験は大事だけど外に飛び出そう!

一人より二人、自分の知らないことを

知っている人がたくさんいる。

細胞を刺激しよう!

自分と違う人と混ざってみると面白い。

人間は感情の生き物だから

もちろん色々あるかもしれない。

人間関係は一番ややこしい。

でも、そこから何か学ぶべきことはある。

魂はそれを欲しがっている。

あなたの身体を使って、、、

魂はそれを欲しがっている。

細胞の刺激

心が動く、感動する。

笑ってみよう!



posted by 小田エリス at 15:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月08日

第5チャクラの意味

いわゆる喉のチャクラですね。

周波数音楽は各チャクラが響くよう調律した

周波数を取り入れて創作をしているのですが、、、



チャクラについてまるで何もわからなかったときに

メロディのイメージにもつながるように、各チャクラの

意味合いを自分なりに色々勉強しました。



もちろん、この作業に終わりはなく、自分の知り得た

チャクラの最新情報があれば、まずはそれを尊重し、

自分の中の情報は常に最新であるべきと思っています。



いわゆるこれが、第5チャクラの意味なんですね。

自分の中の情報は常に最新!実はこれって

本来のコミュニケーションにもつながること!



第5チャクラは喉のチャクラ、人間に唯一与えられた宝物

それが声なんですね。



自分の思いをしっかり声に出して発信する。

または、文字や言葉にして発信をする。



その強く思った自分の意志が波動となり

必要なところで必要な人がキャッチする。



偶然のように見えて必然の出会いってありますよね。

不思議ですけど、その全てはユニバースのお導き

なのかもしれません。



そして、相手の思いをしっかりと受け入れて

例えば自分の中の情報に間違いがあった場合には

それを認める勇気。そして新しい情報を入手したら

考えを改める勇気が大事なのかもしれません。



常に、活き活きとした自分の真理を持つには

勇気と責任が伴われるいうことなのだと思います。



ご自分の意見を一切譲らない町内会のガンコおやじさんと

若い人の意見を寛大に取り入れ、ご自分の経験と合わせて

知恵に満ちた言葉が次々と出る知識あふれる人。。。



ずっと話を聴いていたいと思う人とは勇気と責任、

そして、とても柔軟性を持っている方なのだと思うのです。



また、コミュニケーションの真髄とは、他人の真理に

耳を傾けることから始まり、そうすることでユニバースの

前進が始まるのだと思います。



自分が学ぶべきこと、教えること。

それは魂の役目が終わるまで続く作業ですね。



周波数音楽では、1stアルバム「My Voice」より

『 my voice -宇宙sora- 』

そして、2ndアルバム「神々のしらべ」より

『 森羅万象ものがたり 』

この2曲が、第5チャクラに対応した曲として

ご案内をさせて頂いています。



実際に私自身が変わりました。

気持ちがポジティブになれる状況が

周りから飛び込んでくるということが

最近わりと多いような気もします。



不思議ですけど、ユニバースの導く流れに

乗っかるのも賢明かもしれません。



ただ、根拠はやはり自分の意志を、強い思いを

前に出すということが大事なのだと思います。



夢は自分から掴みに行きましょう!





20150419141024-003.jpg







posted by 小田エリス at 18:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 周波数音楽とチャクラ(音源含む) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月07日

更年期ララバイ

更年期ってある一定の年齢を越えた人が訴える

症状だったりするんだけど、女性だけのイメージで

思っていたけど、男性もあるんだってね(^_^;)



実は、私の周りでこの症状で苦しんでる人が多くて

これを緩和できる周波数音楽はないのかという要望が

結構多くて、まあ、私もそろそろその年代だったり?

個人差はあるけども本当に辛い症状みたいですね。



要は、脳みそからの指令で卵子を出すようにいわれても

ある一定の年齢になると、もう出ないよ〜 出ないよ〜

と、、、子宮がいう。



人間の身体はリズムですから、そのリズムが崩れると

たちまち身体の不調が出てくるというわけ。。。



頭痛やネガティブ思考、鬱の症状にも似た辛さが

ずっと付きまとうようになる感じだそうです。



そんなお話しを友達から聴いていて、周波数音楽で

それがある程度解消したらいいだろうなあって

ずっと考えていました。



子宮辺りを振動させる周波数を取り入れて

流れるような、大自然と一体になるような、、、

とても穏やかでやさしい気持ちになれるような

そんな、メロディラインで、、、



でも、あるクリニックの先生のお話しで

更年期に対する発想の転換が生まれました。



更年期ってどうしてももネガティブなイメージ?

でも、それはある意味、解放感とフリースペース。



長いトンネルから出て光を求める自由な自分。

お医者さまは女医さんなんですが、さすが!

って思いました。



今回の「更年期ララバイ」はとりあえず

辛い毎日を送っている友達のために創りました。

改めてアルバムに入れるかもしれないときは

リミックスをしてもう少し作品的な幅を広げる

かもしれません。



とりあえず聞いてみてください^^

「更年期ララバイ」です。













posted by 小田エリス at 13:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 周波数音楽とチャクラ(音源含む) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする