2015年05月31日

愛し方がわからない

お母さん記事が昨日から続きますが、、、

実は先日、ある方からのメールを頂き

とても心が痛みました。



その方は赤ちゃんや障害をもったお子さんに

元気になる音楽をということで、リトミックの

教室をされていますが、お母さん達にも音楽で

元気になってもらいたい。という内容でした。



障害をもった子を産んだことを思い悩み

そして、育てていく不安。

『愛し方がわからない』



私は、21歳の娘と17歳の息子がいます。

娘は仮死出産でした。

母子手帳には異常出産と表記があります。



娘に何かがあれば本当に自分のせいだと

思い悩み自分を責めた時期もありました。

その子の成長が遅くて小人症かもしれない。

と、お医者様に相談したこともあります。



娘は現在21歳、本当にあっという間ですね。

自分も年を取ったなあと思う今日この頃(^_^;)



子育て途中で自分が思っていたことですが

子どもは一人の人間だということです。

出産を経験する母親はやはりどうしても

自分の身体の一部という分身的な感覚で

見てしまいがちかもしれません。



そうではなく、いっこの魂の存在なんです。



各地で周波数音楽の演奏をさせて頂くようになり

色んな職業の方とお話しをする機会があります。

病院の先生や整体師さんや心の専門家の先生や

お寺の住職さんや、、、



それぞれの多方面からのお話しを伺いながら

私が感じることですが、人間が生きるという

テーマにおいて、その言い方や切り口は違えど

見ている方向や考え方や目的は同じなんだな

って、思うんです。



それは、人間は肉体をもった魂の存在である

と、いうことなんです。



周波数音楽を聴いて頂きとても癒されると

各地での演奏の時に言って頂きますが

それは、肉体をもったお客さまだけではないと

感じることが最近は多々あります。



私がライブの時によく言いますが

周波数音楽は肉体のあるなしに関わらず

魂が癒される音楽であると皆様にお伝えします。



それは、以前記事にも書いたかもしれませんが

朝から大雨のどしゃぶりがライブが終わると同時に

雲間から光が射して太陽が顔を出してくる。。。



ライブの終わる時間が夜だと、さっきまでの雨が

上がって、星がキレイに輝いている。。。



ライブの時はいつも映像を撮っていますが

まるで、カメラの前を何かが行きかうように

カメラのピントが合ったりズレたり、、、

そのタイミングがまるで呼吸をしている

かのように見えてしまう、、、



それは全て偶然かもしれません。

科学的な何か根拠があるのかもしれません。



もし、そうであったとしても

周波数音楽は魂を癒す音楽であるには

違いないと思っています。



「魂」 これまでに色んなお話しを聴いたり

とても興味深く自分でも本を読んだりしました。



それは神秘的で、簡単に語ったりしては

いけないのかもしれません。



私は音楽を創作するという観点から

イメージするためのひとつの情報的な

意味合いで自分の中に取り入れています。



輪廻転生という言葉があります。

「魂」を繰り返すという意味ですね。



繰り返すたびに「魂」は鍛えられる。

そして、まだまだ若い「魂」もあれば

学ぶことをすべて学び終えた「魂」もある。



今簡単に文字にして書いていますが

それは人間の頭では想像もつかない

生命論だったり、それこそ宗教論だったり、、、



その中で私の目を引くことが書いてあり

頭の中にインプットされた話しがあります。



輪廻において「魂」を鍛えるために

人よりも一段と強い命を選択して生まれる。



障害をもって生まれるということは

とても強い意志で「魂」自らがその道を選んだ。



その子どもを育てるお母さんもその「魂」が

選んだお母さんなんだということです。



仮死出産で生まれた私の娘ですが

あと何秒か外に出るのが遅かったら

脳に障害が残ったかもしれないと言われました。



『愛し方がわからない』



あなたを母として選んで誕生した命です。

自らがその試練を選び「魂」を鍛え抜く。



そんな試練なんか選ばなくてもいいのに

って、思ってしまうかもしれないけど、、、



その子の人生はきっと誰かを感動させるために

自らの身体をもって、その使命を背負って

この世に誕生してきたのかもしれません。



そんな凄い「魂」なんです。

そして、あなたは選ばれたお母さんなんです。



私自身が子どもの頃、母の愚痴を散々

聴かされ、恐るべしネガティブエネルギーは

私の人生をもネガティブ思考にし、閉じた

チャクラの意味を悟るべく、周波数音楽という

道を知ることになりました。



結果、母自身の心の問題に行きつきました。

人間が生きていく上でとても大切なのは

「愛情」なんです。



お子さんをしっかり抱きしめてあげてください。

愛情でしっかり包んであげてください。



それでいいと思います。



毎日が大変かもしれません。

心が休まる日がないかもしれません。



しかし、月日が経って素晴らしい宝を

手にすることでしょう。あなたにしかできない

子育ては素晴らしい経験であり宝となります。



そして、同じ思いをしているお母さんの

一番の味方になることができるでしょう。



『愛し方がわからない』



いいえ、あなたはたぶんわかっていると思います。

目の前のことをしっかりと受け止めることで

それはあなたにしかできない「子育て」になり

あなただからできる「愛情」となるのです。



ちゃんと愛することができていると思いますよ。

もしも迷うことがあったらしっかりと赤ちゃんを

子どもさんを抱きしめてあげてください。



きっと「魂」からのメッセージがあると思います。



お役にたてるなら周波数音楽であなたの魂も

癒してあげてくださいね。



本日も長丁場にお付き合い頂き

ありがとうございました!



来週からいよいよ九州ライブツアーです!

気合を入れて頑張ります!!!





周波数音楽家 小田エリス

20150419142455-081.jpg



posted by 小田エリス at 18:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月30日

お母さんって

私も母であり、私の母も健在です。

先日、娘の前でダンナのことを言いました。

「お父さんはなあ〜」って続く言葉

それは、愚痴でした。

娘はそのまま私の話を聴かず、

自分の部屋に入って行きました。



あ、そうか、、、娘は聴きたくないんだ。

お母さんがお父さんの愚痴を言うのを、、、



そう言えば、先日ネガティブエネルギーのことを

ブログに書きましたね。↓こちらで↓

『私の最大限の可能性を実現する機会を喜んで迎えるための音楽』



私も母から父の愚痴を散々聞かされました。

今でも時々電話で話してると話しの3分の2は

父の愚痴なんですけどね(笑)



で、思ったのは、私も母と同じことしてるなあ、、、

ま、それからは言わないようにしてるんですけど(^_^;)



でも、実はあれから色々考えました。

父の愚痴を言う母のことを悪く言いたくないと

前のブログ記事にも書きましたが、、、



周波数音楽家、小田エリスとしてはもう少し

内面の潜在意識にまで及ぶ「何か」を考えたんです。



何で母は父の愚痴ばかりを言うのか、、、

何で母はネガティブエネルギー全開なのか、、、



そして、出た答えは「愛情」なんです。

スキンシップとか、愛情ってすごく大切!!!



よくよく考えると、うちの父は幼いころ親戚の家で

育ててもらい、親の愛情に薄い人だと聴きました。



同じく母は、まだ多感な頃、母親を病気で亡くし

その後、後妻として入ったお母さんとの相性が悪く

ケンカばかりして、家を飛び出したと聴きました。



そうかあ〜 私は親の愛情に薄い両親のもと

育ってきたんだなあ〜って改めて思い(^_^;)



今でこそ周波数音楽やチャクラというのを学び

心や身体の構造とかエネルギーの流れについて

自分なりに納得し、それを音楽に変えて表現する

ということを覚えてやっと自分らしさというのを

見つけることができましたが、実はそれまでは

色々と本当に色々と波乱万丈人生でありました(^_^;)



自分がお母さんという立場になってから

改めて母の気持ちがわかることもあります。

「お母さん」って実は一生懸命頑張ってるんです。



色んな環境や状況によって見るもの聞くものが

まったく初めてでも「お母さん」をやらなくちゃ

って思うこともあるかもしれません。



それが経験として積み重なっていったとき

お母さんは「太陽」になれるのかなあって思います。



我が家でも私が笑うと部屋の空気というか

子どもたちとの空気感が柔らかく感じるのです。

笑顔が何かいいクッションになってる感じかな^^



先日の母の日に母さんに会いに行きました。

母さんが笑うとやっぱり私も嬉しいんです。



母さんにネガティブエネルギーのことを話しました。

怒るかなって思ったけど、ちゃんと母さんのことを

理解していることを伝えればいいんです。



母さんを抱きしめながらこう言いました。

「母さんは愛情不足やね」って、、、

私が娘にも親にも恋人にもなるよって言いました。



母さんが泣くかなって思ったら私が泣いてました。

なぜだかわからないけどネガティブエネルギーで

閉じていたチャクラがその瞬間解放した気がしたんです。



母さんが言いました。

今年はサイコーの母の日やなあ!

もう来年は母ちゃんおらんってことかなあ〜



なんでやねん(笑)長年の愛情不足が発した

最大なるネガティブエネルギーです(笑)



そうじゃないやろ?来年もサイコーの

母の日になったらええなあ〜って言えんか(笑)



人生80年、何でも悪い方に考えるクセって

やっぱり満たされてないからなんでしょうね。



家族のこと、生活のこと、色々言ったらキリが

ないけど、この世に生れて母と子としての縁は

やっぱり深い深い血縁で結ばれているもの、、、



親の年齢を考えると今のままじゃいけないって

たびたび思うようになりました。



あ、それから母さんがこんなことを言いました。

「エレクトーンだけは続けさせようと思った」



本当に感謝です!

母さんのこの熱い思いがあったから、現在の

周波数音楽家小田エリスが存在するのですから!!!



最近では感動のドキュメンタリー映画

「かみさまとのやくそく」でもありましたが

子どもはお母さんを選んで生まれてくる。



胎内記憶をもった子どもたちが口を揃えて

お母さんをシアワセにするために生れてきた!

と、本当にキラキラと嬉しそうに言っている。



お母さんは子どもたちに選ばれた存在!

私の子どもたちも私を選び生まれてきた。

そして、私は母を選び生まれてきた。



そこには目には見えないけれどしっかりと

「愛情」という絆で結ばれているのだと、、、



人生において色んなしがらみが「愛情」を

曇らせていくことがあるかもしれない。



心の一番下の方に追いやられて

行き場をなくした「愛情」  しかし、、、

何かのきっかけで、少しずつ、本当に

少しずつでも、雲の間から太陽が顔を

出すように、心いっぱいの光を届けたい。



魂を癒す周波数音楽が、その何かの

きっかけになれれば本当に嬉しいです。



「愛情」は誰にでもあるんです。



母を抱きしめた時ずっと流れていたのが

「My Voive」でした。。。







本当は母さんを泣かそうと思っていましたが

このアルバムは自分の思いがいっぱい詰まってるので

私が泣いてしまいました(^_^;)



母さんありがとう。

来年は泣かしてやる(笑)



11206956_891195547607672_3194167570065378270_n.jpg



家に帰ったら娘からの母の日

ホンマに嬉しかった!ありがとう!



11036304_891283504265543_1745622260277816742_n.jpg







今回も長い記事を読んで頂き(^_^;)

本当に心より感謝いたします。



小田エリス









posted by 小田エリス at 15:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月09日

おお!?もしかして効果あり?

先日創った第3チャクラのタイトル長い曲(^_^;)

あれ、なんかジワジワくる感じなんですよ〜

音の人間に対する影響力ってすごいですね!

まあ、私がきっと単純なのかもしれませんけど(^_^;)



チャクラっていうのは、簡単にいうと

人間のエネルギーセンターの出入り口のことで

内外のエネルギーの入れ替えが常にできていると

霊的な健康も含めた健全な状態が維持できる

っていう感じなのですが、、、



いかんせん、現代人のストレス状態による

チャクラのドン詰まりが精神の健康を

妨げるというような昨今ではないでしょうか。



そういう私が、第3チャクラのドン詰まりによる

やる気ナッシング状態で、1日をボーっと

過ごしてしまうこともあり、やること山盛りあるのに

まあ、いいっか〜 で、最終的にお尻叩いて

自分を追い込んで、目的はしっかり果たすけど

結局、その反発でまた数日ボーっとしてしまう。



周波数音楽家小田エリスは、チャクラに対応した

ソルフェジオ周波数の曲を創作、音楽を聴くだけで

各チャクラの解放を促すというものなのです。



私たちは肉体をもった霊的存在であり

日常の中には常に霊性の部分が存在しており

精神、肉体、霊性をもって健全である姿が

真の健康といえるのだと思います。



チャクラは回転する光の輪のように見え

異なった速度で回転しているので

それぞれ違った波長の光を発し、それが

違った色に見え、周波数も違うのです。



第1チャクラ/赤/528Hz

第2チャクラ/橙/285Hz

第3チャクラ/黄/639Hz

第4チャクラ/緑/174Hz

第5チャクラ/青/396Hz

第6チャクラ/紫/852Hz

第7チャクラ/白/963Hz



一般的にいわれているチャクラの純音と違うのは

音楽療法の先駆者でもあるマイケル・ウォルトン氏が

提案しているチャクラチューニングシステムを

私も採用しているからでもあります。



そうなんです、私が現在のスタイルでもある

周波数音楽を始めたのはこの本を読んで感銘を

受けたからでもあるのです!!!



『ジョンレノンを殺した凶気の調律A=440Hz』



476502_339912926076676_2473773_o.jpg



音楽の理論は色々あるかもしれません。

でも、人間があるべき姿を尊重できるための音

というのは決して理論で収まるとは思えません。



私もエレクトーン講師をやっていましたが

それは子どもたちに音の楽しさを伝える仕事

だったと今は感じています。



音楽は本当に自由であり本能であるべきでしょう。



そして、各チャクラの解放を促すという目的で

できたのが1stアルバム「My Voice」なんです。






この中の3曲目「獅子の如く-シシノゴトク-」は

第3チャクラの意味合い「やる気元気!」を忠実に

イメージして創った曲なのですが、実は私自身が

この第3チャクラがドン詰まり状態になってしまい、

この曲を聴いたら解放できるかなあ〜と思いきや、

何だか、ただせわしなく追い立てられるような

気分になってしまったというわけなのです。。。



そこで、同じ周波数でも音楽により状態の変化が

望めるかなあと思ってできたのがこの曲なんです。

『私の最大限の可能性を実現する機会を喜んで迎えるための音楽』









タイトル長いですけど(^_^;) 

私の中ではこれがピッタリしっくりきました。

アファメーションによる言葉でもあるので

恐らく、このタイトルを口にするたびに何かしら

プラスの状況が心身に伝わっているのでしょうか。



実は私はここしばらくずっと聴いていますが

なんかスイッチが入ったように身体が動きます。

身体が動くときっと脳みそも動くのでしょう(^_^;)

しっかり考えながら次の行動につながる感じです。



そんな感じで、今月のライブと6月から始まる

九州のライブツアーも楽しんで演奏したいと思います。



あ、そうそうこの長いタイトルの曲が

できた経緯はここに書きました。

『私の最大限の可能性を実現する機会を喜んで迎えるための音楽』

こちらもよかったらまた読んでね^^



今回も長々と失礼しました。

最後までお付き合い頂きました皆様

ありがとうございます!!!



周波数音楽家 小田エリス



20150118205140-259.jpg









posted by 小田エリス at 22:05 | Comment(6) | TrackBack(0) | 周波数音楽とチャクラ(音源含む) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月07日

『私の最大限の可能性を実現する機会を喜んで迎えるための音楽』

という、長い長いタイトルの曲ができました(^_^;)

この曲ができた経緯をちょっと書きとめて

おきたいと思ったので文字に起こします。



あ、まずは曲を聴いてみてください。

『私の最大限の可能性を実現する機会を喜んで迎えるための音楽』





この曲はソルフェジオ周波数639Hzで第3チャクラが

響くように調律して創っています。

意外と、半日もかからずできあがりました。



あ、そうそう。小田エリスの周波数音楽で

チャクラの純音と周波数の関係については

音楽療法の先駆者であるマイケルウォルトン氏

提案のチャクラチューニングシステムを

採用していますので、ご了承くださいませ。



えっと。この曲ができた経緯でしたよね。

実は、ちょっとここ最近しばらくの自分の

心と身体の状態を自己診断しながら、何となく

感じていたのが、第3チャクラがブロック

されてるなあって思ってたんですよね。



第3チャクラって「やる気・元気パワー」全開!

内なる炎を燃やして前進あるのみ!!!

っていう、心に迷いがなく強い意志で

自分の可能性に突き進むというイメージ。



私の愛読書にこんなことが書いています。

写真.JPG


第3チャクラがブロックされたときに起こる出来事。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
エネルギーの中央通路が上部のチャクラと下部の
チャクラの間で分断されてしまうため、血行が
悪くなり、筋肉が凝って骨盤や下肢が冷たくなる
こともよくあります。このチャクラでエネルギーを
浄化し、調和させるのに必要なワークを行うことで
私たちは解放され、肉体的にも感情的にも霊的にも
強い意志、パワー、明晰さ、自信、目的を持って
前進することができるようになります。第3チャクラが
浄化され解放されれば、昔からの関節痛がよくなる
こともあります。(上記書籍より抜粋)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


またこの第3チャクラが発達するのは

8歳〜12歳でこの時期に何かトラウマに

なるような出来事があるとその影響も

大きいかもしれません。



周波数音楽をやるようになってからかなり

自分の性格的なものが変化したと思っています。

以前の私は、自分を抑え込み我慢すればいいと

思うところがありました。



恐らく、第3チャクラの発達時にトラウマに

なるような出来事があったのでしょう。

それは私の中では忘れていたことでした。

いえ、正確にはその感情にフタをして

忘れたフリをしていたのかもしれません。



でも、潜在意識の中ではしっかりと

私の細胞ひとつひとつに記憶のチップが

埋められていたのでしょう。



第3チャクラの曲、ソルフェジオ639Hzの

音の振動が私の心と身体に何か訴えるように

気持ちがワサワサとしたり涙が流れたり

落ち着かなかったり、気持ちが集中しなかったり

要は、それを解放することでラクになれる。



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
このチャクラがバランスを失ったり塞がって
しまっていたりすると、自分を哀れな状況の
犠牲者のように感じ、感情は抑えつけられ、
自信はなくなり、尊厳を守ることができません。
疲労感、エネルギーの欠乏、スタミナ不足に
悩む人が多く、前に進もうとしてもその意欲が
妨げられてしまうかもしれません。
(上記書籍より抜粋)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



家族のネガティブエネルギーってわかりますか?

私は子どもの時に母親から父親の悪口をずっと

言い聴かされ続けてきました。



ネガティブエネルギーを吸収し続けると

心と身体には何らかの影響があるでしょう。

前に進もうとする意欲が妨げられる。

私が我慢すればいいんだ。。。



ほんの数年前の私がそうでした。

親のことを言うのは気がひけますが

本当に潜在意識に刷り込まれた

ネガティブエネルギーは根が深いです。



でも、母のことを悪く言うのは嫌で

私が我慢すればいいんだと、、、

もう何年もそう思って生きてきました。



父も母も幼少の頃、親の愛情が薄くて

きっと、人に対する愛情表現の仕方が

わからなかったのだと思いますが、、、



私が最近、自己診断で第3チャクラの

ブロックを何となく感じるのは、、、

今でも母からの電話で感じてしまう

ネガティブエネルギーのせいかもしれません。



でもね。母も寂しいんだと思うのです。

人間は、愛に触れていないと寂しくて

心と身体の不安定さで一気にバランスを崩す。



本当の意味でのチャクラの解放って

根こそぎなんですよね。カタチだけの

解放じゃなく、シアワセに生きるために

しっかりとそのことに向き合って解決する。



もちろん、時期やタイミングはあるので

向き合って苦しかったり嫌だって思う時は

無理やり解放しようとしなくてもいいと

私は思っています。



ただ何となく、私は今、あるひとつの

流れを感じているのです。



母としっかり向き合うこと。



たまたまか偶然かそれとも必然なのか

実は次のCD制作について、アルバムの

タイトルをイメージしているのですが、、、



「Mother」 solfeggio meditation



これもフッと頭に浮かんできたのです。

ジャケットのイメージも何となくできています。



子どもは自分で選んだ親を幸せにするために

この世に誕生すると『かみさまとのやくそく』

というドキュメンタリー映画は、胎内記憶のある

子どもたちにスポットを当てた映画ですが、

とても衝撃的で、感動したのを覚えています。



また、私自身も母という立場でもあり

今だから母の気持ちもわかるというもの

一度、ゆっくりと母と話す時間を

作ろうと思っています。



あれ、話しがかなりズレてる気がする(^_^;)

第3チャクラのブロックを感じていたので

スッキリ解放させるためのワークとして

私の場合はやはり、その周波数の音楽を

全身で浴び、さらに細胞まで浸透させて

活性化を目指すものなんだけど、、、、、



第3チャクラ対応のソルフェジオ639Hzの

「獅子の如く-シシノゴトク-」は出だしのインパクト

かなり強くて、ちょっと弱ってるときには

苦手とさえ感じてしまうかもしれません。



実はこれ、単純に第3チャクラのイメージを

そのままメロディにしたので、教則本的な

感じになってしまってるのだと思います。



これです。





正直、この曲の好き嫌いは多いみたいです(笑)

でも、それによって今の心と身体の状態が

わかるというのが「My Voice」診断でもあるのです。



でも、さすがにこの曲を創った私が

この曲が無理と感じてしまったのです(^_^;)



じゃあ、同じ第3チャクラを響かす639Hzでも

ここまで激しくなくてもいいんじゃないの?

できれば、準備運動的な感じってどう?



そして、出来上がったのが

『私の最大限の可能性を実現する機会を喜んで迎えるための音楽』

実はこのタイトル、いわゆるアファメーションを

意識した言葉の並びでもあるのです。



何となく、自分の内面でふつふつと燃えたぎる

エネルギーを感じています。マグマが噴火する

間際のようなイメージが自分の中にあります。



内なる炎を燃やす準備をしている感じです。

出来上がってみたら、これもしっかりと

第3チャクラのイメージだと思いました。



考えたら、この曲ができたきっかけは

ネガティブエネルギーのお陰?かな(笑)

母さんに感謝やなあ〜(笑)



なんか不思議やね。

こうやって振り返ったら全部つながる。

私はやっぱり音楽家だから、すべては

その方向性に結びつけるんだろうなあ



現状が見えたら、それをしっかり受け止める。

そしたら、次に進む方向が決まる。



自分の心に嘘をついてまで無理をする

必要なんて全くないから、ありのままで

自分等身大でいいんだよね。



この曲がカタチになったことで、一つの

達成感が自分を気持ちよくさせています。

それもチャクラの解放の一歩だと思います。



長々となってしまいましたが、こうやって

書くことで気持ちの整理もできています。



最後までお付き合い頂きました皆様

本当にありがとうございます!!!



小田エリスの音楽は、私の本音を魂ごと

メロディにぶつけるという感じでしょうか、、、



人生丸ごと音楽!

これからも温かく見守って頂けますと

とてもとても嬉しいです。。。。。



どうぞ今後ともよろしくお願いいたします。






20150419141024-003.jpg
    周波数音楽家 小田エリス





posted by 小田エリス at 00:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 周波数音楽とチャクラ(音源含む) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月05日

5/16(土)名古屋LIVE情報

今年2回目のオリコーヒーさんでのライブです。

11205960_798782973523664_5608684739811187972_n.jpg

↑クリックで大きくなります↑


2015年5月16日(土)開場18:30 / 開演19:00

チケット(ワンドリンク付き)当日券のみ3,500円

ORI COFFEE上志段味店

名古屋市上志段味字所下1043-1 
http://www.oricoffee.com/kamishidami/

★ご予約は052-736-5919まで★




周波数音楽を初めて3年目になります。

2015年の4月に「あーとくりえーと」が

会社として動き始めました。



そんなこともあり、今回初めてライブと

セミナーを一緒に行うことになりました。

500円高いのはそのためでもあります(^_^;)



今までは周波数音楽を体感して頂きながら

ご自身の中で共鳴し、心と身体で感じて

頂くというのをご案内してまいりました。

今回は、それに左脳的な部分でのお話しが

一緒にセットされるということになります。



周波数音楽のナゼ何?を基本の部分から

本当にわかりやすくお話しさせて頂きます。



どうして周波数音楽を聴いたら眠くなるの?

どうして周波数音楽を聴いたらトイレが近いの?

どうして周波数音楽を聴いたら涙が出るの?



などなど、皆様の疑問にお答えできればと

思いますが、ぜひ質問などお待ちしています。



セミナー担当は松垣孝二さんです。

今張り切って内容をまとめています(笑)



さて、それから今回オリコーヒーさんの

マスター小里さんよりなんと!とても

素晴らしいご提案を頂きました!!!



それは、周波数音楽にちなんだ何か

一品をつけて頂けるということなのです!



一生懸命考えました。

周波数音楽にちなんだ何か一品、、、



今回のライブでは周波数音楽の基本を

お伝えするということもあり、演奏楽曲は

1stアルバム「My Voice」全7曲の予定です。







「My Voice」は1〜7のチャクラに対応した

各ソルフェジオ周波数が響くように創りました。

チャクラといえば「色」ですね。



そこで、考え付いたのがチャクラの色に

合わせた7つの色の食材をアレンジして

ワンドリンクにセットして頂くというもの。



当日受付で「赤、橙、黄、緑、青、紫、白」で

気になる色を伝えて頂きます。選んだ色とチャクラの

周波数が関連し、現在の心と身体の状態がわかる

と、いうのが「My Voice」診断でもあります。



選んだ色と、その日の演奏の周波数の関連を

メンタルと身体の部位についても合わせて

お話しができればと思っています。



7色の食材については、当日までのお楽しみに

なりますが、今一生懸命に小里さんがそれぞれの

色のアレンジを考えて頂いていますので、

どうぞお楽しみに!!!



今年最初のオリコーヒーさんでのライブでは

魂が震えるような感覚で、お客様との一体感が

とても素晴らしいライブになりましたね!







今回ももちろん、お客様には声で参加して頂き

空間を声の波動で響き渡らせたいと思います。

心に残る感動のライブにしたいと思います!



皆様とお会いできますことを

心より楽しみにしております。

どうぞよろしくお願いいたします。



小田エリス







posted by 小田エリス at 18:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ・イベント日記(告知含む) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする